【雪国あるある】雪止瓦がズレてしまう一つの原因


屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

屋根上に雪が残る飛騨高山から

明けましておめでとうございます。

本年も屋根の森とこちらのブログをよろしくお願いいたします。

さて屋根上に雪が残ると簡単に書いたのですが、

なぜ角度のついた屋根に雪が落ちずに残っているのでしょうか?

疑問に思ったことはありませんか?

それは雪が屋根上から落ちてこないように雪止瓦や雪止金具で止まっているからです。

屋根に出っ張りをつけることで雪が止まっている大事な部分なんです。

屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根 雪止瓦


もしこの雪止めがなければ予期せぬタイミングで軒先から雪が落下して

事故に繋がってしまうこともあるんです。

雪深い飛騨高山には雪止めは切っても切り離せないものなんですね。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる雪止瓦がズレてしまう一つの原因

雪が溶けて春になると屋根点検をオススメしています。

それは長い冬を守ってくれた屋根に不具合が出ていないかをチェックして修理するため。

特に雪止めの周囲は雪による負荷が強く掛かっているため念入りに行います。

瓦屋根の場合、雪止瓦がズレるとこんな感じに瓦同士の隙間が空いてしまいます。





屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根



これを放っておくと、ここから雨水が侵入していくようになり、雨漏りの原因になることもあります。

瓦は裏面に剣と呼ばれる瓦を引っ掛ける部分があるのでズレないようにできているのですが、なぜなんでしょう?

ズレてしまう一つの原因がコレなんです。



屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根


裏側の剣が負荷に耐えられず割れて取れてしまったから。

引っ掛け部分のツメが折れてしまったことでズレてしまうんですよね。

割れた破片を合わせてみるとこんな感じに。





屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根

通常、僕ら屋根職人が瓦の上に乗って歩いても全く割れたり、ズレたりすることはありません。

雪による重みの凄さが分かるかと思います。

こういった場合は同じように雪止瓦を入れ直すだけでなく、雪止瓦1枚に掛かる負荷を

減らすために上部にも一列雪止瓦を増やすことも提案します。

雪の少ないエリアでは雪止めは一列ですが、雪国にいくと2列・3列と数が多いのも特徴です。

被害が出た場合は雪止めの段数を増やすこともご検討ください。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる釘の強度不足



また、瓦は裏面のツメだけで支えている訳ではなく、釘で留め付けられています。

ツメが折れただけでは瓦がズレることはありませんが、

釘の強度も足りなかったようで曲がってしまってました。


屋根点検 屋根修理 屋根リフォーム 瓦修理 瓦屋根

通常の雪の少ないエリアと同じ仕様での工事では雪国では強度不足になることもあります。

そのエリアに住む、地域特性を知り尽くした地元の業者さんに工事をしてもらうことも大切なんです。

きちんと雪国仕様で屋根も作っていきましょうね。

↓屋根の森YouTubeチャンネルでも配信していますので、ご確認ください。

https://www.youtube.com/shorts/exB3XdkKWkY

ということで、次回屋根点検を行うのは雪が溶けた春になるかと思います。

その際には雪止め部分にも注意してくださいね。

春を待たずして屋根で不具合が起きてしまった場合には、できる限りの対応はさせていただきますのでご相談くださいね。

屋根の点検・雨漏り修理・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



建築後に瓦が割れる原因


瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

先日、上がらせていただいた屋根で古い瓦屋根ならではの現象を見つけたので紹介しておきます。

年代にもよりますが、他にもこういう事例は出ているので参考にしていただければと思います。

屋根の森YouTubeチャンネルでも紹介しているので合わせてご覧ください。

https://www.youtube.com/shorts/cPHmuvIiDfY

https://www.youtube.com/shorts/ULlxx_3si_8

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる屋根上の瓦が同じところから割れている



屋根瓦が割れてしまっているから点検・修理をして欲しいとのことで

屋根に上がってみると。。。

不思議なことにだいたい同じ位置から瓦が割れていました。


瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理



同じような割れ方をしているとなると何か理由があるはずです。

割れた瓦をよく見ていると、瓦の上部から割れているのが分かります。



瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理

下の瓦も割れ口の大きな左端に目がいきがちですが、

問題は割れのスタート地点となる右上部分なんです。



瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる鉄釘のサビによる膨張が原因



この現象の原因はズバリ、鉄釘が原因です。

昔はステンレス製の釘がなかったため、瓦の固定に鉄釘が使われていた時代があります。

皆さんご存知のように鉄は水があると錆びてしまいますよね。

雨水が入り込んでしまった結果、鉄釘が錆びてしまうという現象が起きるんですね。


瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理

そして鉄くぎがサビることで膨張してしまい、瓦固定用の釘穴が広がってしまい

クラックが発生していきます。

このクラックが大きくなった結果、瓦が割れてしまうという流れです。

瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理


こんな風に鉄釘が錆びてしまっています。

住宅は何年にもわたって長く住み続けるからこういう現象が起きるんですね。

瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理



現在は瓦固定用の釘はサビに強いステンレス製の釘を使っています。

ステンレス製の釘のおかげで錆びによる膨張からの割れはなくなってきてますのでご安心ください。

こちらの屋根もステンレス釘にて修理していきます。

瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理




雪深い飛騨高山に住む僕らのエリアは屋根への負担も多くなる地域。

下からでは分からない不具合が屋根で起きていることもありますので、

年に一度は屋根点検をされることをオススメしています。

屋根による被害が出てから修理となると費用も大きくなってきてしまうので、

定期的な屋根点検で早めの対処をしていきましょう。

瓦屋根修理 屋根リフォーム 屋根修理

屋根の点検・雨漏り修理・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



雨漏りする前にしておいて良かった谷部の点検


屋根修理 屋根リフォーム 瓦屋根 屋根無料点検 雨漏り対策 雨漏り防止

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

屋根って雨漏りしてからとか、何か不具合が起きてからじゃないとなかなか気にしてもらえないのが現実。

少しでも予防というか早期発見のために屋根点検をする習慣が根付いてくれたらなって思います。

後になってからだと屋根修理費用が高くなってしまうので、

そうなる前に対応できる方が結果的にコストも抑えられるし屋根も長持ちしますもんね。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる谷掃除の依頼から谷板金の穴開きを発見



今回は屋根上の谷部に落ち葉が溜まってしまったことから谷掃除の依頼をいただきました。

落ち葉を放置していると雨樋に詰まってしまってオーバーフローしてしまうことも。

その溢れた雨水が壁に伝わって壁から雨漏りしてしまうこともあるので定期的に掃除もしましょう。

せっかく屋根上に上がっての作業ですので、掃除後に点検させてもらっていたら・・・

不具合を発見。

↓屋根の森YouTubeサイトでもアップしてるので、そちらもご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/shorts/QD7wCM8QUO0


屋根修理 屋根リフォーム 瓦屋根 屋根無料点検 雨漏り対策 雨漏り防止



谷板金に経年劣化による穴開きが見つかりました。

現状で雨漏りは発生していませんでしたが、

谷板金の下の防水シートが機能してくれている状態。

しかし、谷部分は屋根面の雨水が集まってくる場所になるので

劣化で防水シートが破けてしまうと100%雨漏りにつながってしまう場所。



屋根修理 屋根リフォーム 瓦屋根 屋根無料点検 雨漏り対策 雨漏り防止

そうならないためにも早期発見・屋根修理が必要です。

室内側に雨漏りしてしまうと天井や壁のクロスの貼り替えが

必要になってしまったり費用が増えてしまうのでね。



屋根修理 屋根リフォーム 瓦屋根 屋根無料点検 雨漏り対策 雨漏り防止

住宅も人間の身体と同じで早期発見・早期対処が大事です。

人間ドックのように住宅の点検も定期的にしてあげると

長く住み続けられますので習慣化できると良いですね。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる谷板金交換工事



谷板金に穴が開いてしまった場合は、新しい谷板金に交換する工事が必要です。

長文ブログになってしまうので、交換工事の方法を簡単にお伝えしておきます。

まずは谷部周囲の瓦を一時撤去して、既存の穴が開いた谷板金を撤去します。

DSCN2103.JPG

その後は谷部分に防水のためのルーフィングを敷いて、上から新しい谷板金を設置。

あとは周囲の一時撤去した瓦を戻して復旧したら谷板金交換工事終了です。

↓詳しく知りたい方は過去記事でご覧ください。

https://www.morikawara-yane.com/blog/2021/11/post-293.html



屋根の不具合を早期発見するためにも定期的な屋根点検をされることをオススメします。

高所作業になりますので、雨樋掃除などもご相談くださいませ。

屋根の点検・雨漏り修理・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



1  2  3  4  5  6  7  8
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ