悪徳訪問販売業者の不正工事あるある。


屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。


梅雨が明けて真夏対策をしなければと思っていたら、なんだか雨が続いてしまってますね。


炎天下での作業には空調服を着たりと熱中症対策もしながら頑張っていきます。


僕らの地元・飛騨高山でも悪徳訪問販売業者の被害はあり、実態を紹介しておきます。


こういう無駄な工事をしてお金を巻き上げていくなんて許せません。




岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる 屋根リフォーム屋根の訪問販売業者あるある

屋根の森YouTubeチャンネルで紹介した屋根なのですが、活字としても残しておくことにします。

音声入りでの動画はこちらからご覧いただけます→https://www.youtube.com/shorts/vEzjy_qi-f0


屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム


不要な工事を法外な値段で請求してくるのが悪徳訪問販売業者の手口ですので、ご注意くださいね。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる無駄に漆喰を塗る



それでは具体的な部分を説明していきますね。

悪徳訪問販売業者は不要な工事を勧めてきて高い金額を請求することが多いです。

棟部分の瓦同士の隙間を埋める漆喰工事も多いそうです。


屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム



一般的なエリアでは漆喰を使う部分なのですが、雪の多い飛騨高山地方では棟部分にはセメントを使用しています。

これは雪の多いエリアならではの地域特性工事の一つ。

悪徳訪問販売業者は中身ではなく見た目だけを整えようとする傾向が強いです。

今回の屋根ではセメントで埋められた上からさらに漆喰を塗ったようです。

おかげで漆喰が取れてしまっていました。


屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム


問題なのは取れてしまった下にまだ普通のセメントが残っているということ。

つまり不要な工事なんです。

もともと詰められているセメントがまだ機能しているところに表面上だけ塗っているだけ。

この工事をしようがしまいが雨漏りすることはないってことですね。

全く不要な工事で高額な請求をされてしまうことになるので、ご注意ください。

屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム


もし塗り直しの工事が必要な場合は、上部の瓦を外してから中のセメントを

一度全て撤去した上で再施工をすることになります。

そこまでちゃんとやらなきゃ意味がないんですよね。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる不要なコーキング

続いて多いのがコーキング接着によるラバーロック工法と呼ばれるもの。

瓦同士をコーキングで接着することによって風によるめくれなどを防ぐとのこと。

瓦同士の隙間から侵入する雨水を防ぐためにコーキングで塞いじゃいましょうと言われることもあるそうです。

でもね・・・これまったく不要な工事だと思ってます。

風によるめくれに対しては効果はあるかと思いますが、雨漏りに関しては原因はそこじゃない。

瓦同士は重なっており、重ね部分から侵入した雨水は下の瓦へと速やかに排水する構造になっています。

もしコーキング処理で雨漏り対策をする場合は原因が特定された後で一部にのみ使用することでしょう。

前面に塗ることはしませんからね。



屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム


風対策に関しても今までに風で瓦が飛んだりズレてしまったことがありましたか?

もしないのであれば不要かと。

風対策・地震対策を検討するのでしたら、根本的な従来の施工から

現在の防災瓦を使用した全数釘打ち施工への変更を強くオススメしたいと思います。

屋根前面にコーキングを使ったラバーロック工法をオススメするような屋根工事業者はいないと思いますけどね。

コーキングでの工事はちょっと建築業をかじったことがあればできる工事。

内部に隠れる工事ではなく、外側から見ても分かる工事であるため一般消費者の方には分かりやすく安心しがち。

しかし、本当にその工事をする必要があるかと言えばそんなことはありまえせん。

コーキングを塗る工事だけで40万〜50万円も請求されることもあるようです。


屋根修理 屋根工事 屋根リフォーム

足場を設置しての工事となれば100万円以上は軽く請求されることでしょう。

以前ラバーロック工法での工事の相談を受けた方は300万円オーバーの見積もりが出されたそうです。

基本的に屋根工事業者の方々は訪問販売を行うことはありません。

訪問販売という時点で少し警戒感を高めても良いかと思います。

そういった訪問販売業者が来ても簡単に屋根に上がらせるようなことは避けてください。

瓦がズレているとか、すぐに雨漏りしてしまうとか不安を煽って不要な工事を勧めてきます。

全ての業者が悪いとは言いませんが、僕らの身近なところでの屋根被害をなくしたい!

そんな想いで屋根の森ではブログやYouTube、SNSなどで発信を続けています。

何か屋根でお困りごとがあった際にはお気軽にご相談ください。

屋根のことなら屋根の森(森瓦店)にと思ってもらえるように日々頑張っていきます。

屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。


(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



谷板金をセメントで埋めてしまうという衝撃の不良工事。


屋根工事 屋根リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

梅雨明けしたと思ったら雨が続いてしまってビックリですよね。

ビックリと言えば、先日屋根修理の現地調査に行った際に出会った屋根が衝撃的過ぎたので、ブログにも残しておくことにします。




岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる谷板金をセメントで埋めてしまうという衝撃の不良工事

屋根の森YouTubeチャンネルで紹介した屋根なのですが、これがまたビックリ。

https://www.youtube.com/shorts/utMKT8OQSsk

雪によって瓦が割れてしまったということで現場を訪問。

屋根に上がってみるとまさかの光景を目にしました。

え?谷板金がセメントで埋められている?!


2022.07.13-1.jpg

これは一体どうしたことでしょう。

通常の谷部分は瓦の下に谷板金という樋のような形をしたものが施工されています。

屋根工事 屋根瓦

この谷部分に穴が開いてしまって雨漏りしてしまうという現象は起こるのですが、

これを塞ぐためだったのかセメントで埋められていました。

セメントで埋めてしまったもんですから、通常のように水が抜けていかずコケが生えてしまっている状態に。

こんな風に屋根にコケが生えるって良い状態の訳ないですよね。


2022.07.13-2.jpg

どういう業者が工事を行ったのかは不明ですが、こんな工事はあり得ません。

全く屋根のことが分かっていない業者の工事としか思えません。

僕らの身近なところでの屋根被害をなくしたい!

そんな想いで屋根の森ではブログやYouTube、SNSなどで発信を続けています。

何か屋根でお困りごとがあった際にはお気軽にご相談ください。

地域のファーストコールカンパニー。

屋根のことなら屋根の森(森瓦店)にと思ってもらえるように日々頑張っていきます。

屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



瓦葺き職人が瓦を加工するために使う職人道具【鏨(タガネ)】


屋根 瓦 職人

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

今回は瓦葺き職人が使う職人道具についてフューチャーしたいと思います。

職人技とか職人道具とか意外と好きな方多いですよね?



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる瓦葺き職人が使う鏨(タガネ)

瓦葺き職人は屋根上で瓦施工を行う時に様々な職人道具を使います。


最近では、サンダーとかグラインダーとか電動ノコギリとか電動工具も多く使われますが、
伝統工具を使いこなす職人さんの技術って凄いんですよ。

っということで、個人的に好きな伝統工具である鏨(タガネ)を紹介します。


職人道具 たがね 屋根職人 大工 大工道具


この小さな鏨は単体で使用することはほぼなくて、瓦用金槌(ゲンノウ)と一緒に使われます。

こちらがゲンノウです。

職人道具 たがね 屋根職人 大工 大工道具


さてさて、どうやって使うか想像できますか?

タガネをゲンノウで叩きながら瓦を少しずつ削って加工するための道具です。

タガネをノミのような形で使います。

最近の現場では電動工具で瓦を切断したりするのですが、上手な職人さんに言わせると「タガネの方が早くてキレイ」とのこと。

使い方はYouTube等でも見られるので、ご覧くださいませ。


https://www.youtube.com/watch?v=cryoSIt350A


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいるタガネはどういう場面で使うの?

タガネは先ほどの動画のように瓦を切断したり削ったり加工する場面で使います。

瓦葺き職人の腕の見せ所である合端(あいば)作業です。


職人道具 たがね 屋根職人 大工 大工道具

瓦同士がピタっと吸い付くようなこの接合部はタガネを使って仕上げるんです。

タガネで削ってヤスリで仕上げることでこれくらいピタッと合わさるんですよ!

こういう瓦同士を加工して合わせる部分なんかもタガネ仕事の腕の見せ所。



職人道具 たがね 屋根職人 大工 大工道具

これは過去に行われた全瓦連技能グランプリの架台なので、

現実的にはこういう場所はそうそうありませんけどね。




岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる全瓦連技能グランプリ

屋根の森も加盟している屋根工事業の組合である一般社団法人全日本瓦工事業連盟が

職人技術の研鑽のために開催しているのが全瓦連技能グランプリ。


2022年度は富山県にて開催されました。

そこでは伝統工具を使って屋根を仕上げる技術がたくさん詰まった玄人好みの大会。

工具を上手に使って瓦屋根の架台を仕上げていくのは見ていて面白いんですよね。

興味ある方はちょっと長いですが、大会の様子をご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=zWaipEXfLCk&t=313s



最近の現場では、伝統工具ではなく電動工具も駆使して屋根を仕上げています。

屋根を雨から守るため、美しく仕上げるには電動工具の技術も必要です。

技術の研鑽の気持ちを持ちながら日々の仕事にも当たりたいものですね。

今回は職人道具・タガネのご紹介でした。

また別の職人道具なんかも紹介していけたらなと思ってますので、お楽しみに。





屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry




屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ