その太陽熱温水器、まだ使っていますか?


check35.jpgその太陽熱温水器、屋根の負担になっているかも?


今でも屋根の上に載っているのをちょくちょく見かける、太陽熱温水器。
その多くが今から20~30年前に載せられています。

20180613blog.jpg

いま屋根の上に載っている太陽熱温水器。
故障などで使われていないものも多いみたいですね。


実は、使われていない太陽熱温水器。
屋根の負担になっているんです。

この太陽熱温水器、屋根の上に載せる際に、強引に載せられているケースが多く、
長年にわたって棟部や瓦に荷重がかかっている可能性があります。
その結果、棟部がズレたり、瓦が割れたりしていることがあります。

また地震や台風の影響で、太陽熱温水器の固定に使われているワイヤーが劣化し、
太陽熱温水器が不安定な状態になったりもしています。

なので、もう使っていない太陽熱温水器は、
早めの撤去をおススメします。

「販売業者がもうなくなっている...」「どこに問い合わせればいいか分からない...」という方は、
お気軽にご相談くださいね。



屋根の森には雨漏り診断士がおる。


check35.jpg雨漏り対策には専門的な知識が必要


屋根の森では、"雨漏り診断士"の資格を所有しています。
20171130blog1.jpg


「そもそも雨漏り診断士ってなに?」という声が聞こえてきたので簡単にいうと...


・雨漏りに関する知識や技術を専門的に取得している人。
・雨漏りの原因を特定したり雨漏りを予防する施工や提案ができる人。


現場に行ってよく実感すること。
雨漏りの仕組みなるところまで理解して対策を行っている屋根業者って実は少ない。


20171110blog.jpg

雨は屋根だけでなく、壁やサッシ、天窓など、あらゆるところから侵入する可能性があります。
そのため屋根の知識だけでなく、家の構造を理解していることが大事。


屋根の森では、雨漏りの専門的な知識を有した者が現場に駆けつけますので
雨漏りの原因特定から修理まで、全てに対応可能です。


気になること等ございましたら、お気軽にご連絡くださいね。






屋根専門店だから言えること


check35.jpg意識しなくてもいいぐらいの安心を。


世の中シンプルが一番、とよくいわれますが、

屋根もシンプルが一番、そう思います。

複雑な屋根にすると見た目はカッコいいかもしれませんが、
初期費用もかかり、さらに維持費もかかります。

20171128blog.jpg


そしてここが問題。

雨漏りしやすい構造になることが多々あります。


プロだから雨を漏らさないようにする、というのは当たり前。
しかし屋根が複雑な構造になると、屋根と壁の取り合いの部分から雨が侵入したり、
大工さんと屋根屋がお互いがそれぞれに雨漏りをしない工夫をすることで、
逆に雨漏りしやすい構造になってしまっていたという事例もあります。

そういうわけで、シンプルな屋根をおすすめしています。


家に関しては、
"意識しなくてもいいぐらい、安心して過ごせる"
というところを重要視されるといいかなと思います(^^)







1  2  3
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ