瓦屋根リフォームの際に補助金はもらえるの?


瓦屋根、屋根リフォーム、助成金.png

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

前回、瓦屋根の施工方法が建築基準法で変わる件について書きました。

その際に瓦屋根リフォームに関する補助金のことが書いてあったので調べたことをレポートしますね。

↓詳しくは国土交通省のHPからご覧ください

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000146.html

屋根ふき材に対する強風対策(令和4年1月1日施行)というとこの参考資料にあります。





岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる住宅・建築物安全ストック形式事業

資料の中に『住宅・建築物安全ストック形成事業という項目がありました。

瓦屋根の耐風診断に関しては補助対象限度額として31,500円/棟の記載。
瓦屋根の耐風改修工事に関しては補助対象限度額として24,000円に屋根面積(m2)を乗じた額(上限240万円/棟)とあります。



かなり大きいと思って調べたのですが、どこに詳しく載っているのか全然分かりません。

あまりに分からなかったので思い切って国土交通省に電話してみました!

国土交通省内の代表電話に掛かり、状況と知りたいことを説明すると・・・

「住宅局なんとか課」(聞き取れませんでした)に回されて、話をするも担当者じゃないと分からないとのことで、折り返しの電話を待つことに。

折り返しがあったのですが、偶然にも電話中だったため急いで電話を切り出ようとしたら・・・

間違えて切ってしまいました・・・

急いで番号に折り返すと、また代表番号・・・

電話をいただいた旨を説明するも何課だったか分かってなかったので、再度説明しやっと担当部署に回してもらうことに成功するも・・・

担当者電話中・・・

役所関係に電話する際はきちんと部署名と担当者名はメモしておくことに注意ください。

再度、住宅局建築指導課(多分)の方から連絡をいただき、質問に答えてもらったのですがハッキリしません。

国土交通省としてはこういう予算は確保してあります。

補助金の流れとしては地方自治体から申請が上がってきた後に予算がおりるので、詳しくは地方自治体に確認してくださいとのこと。

流れで市役所へと電話してみました。

高山市の場合はまだ予算がついてない感じだったので、瓦の産地である愛知県高浜市は瓦に対する補助金が進んでいるだろうと思い電話してみました。

すると、瓦屋根の耐震診断については現在取り組む方向で調整中でまだ正式決定はしていないとのこと。

瓦屋根の耐震改修工事に関しては取り組む予定は今のところないとのこと。

えぇぇー、国土交通省さん話が違うじゃないのー!

さらにこれは地方自治体によって独自に取り組むかどうか決めるそうで、工事現場の市町村にその都度確認が必要なようです。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる長期優良自宅化リフォーム推進事業(令和3年度~)

国土交通省の参考資料の中にもう一つの補助制度が掲載されていました。

長期優良住宅化リフォーム推進事業として、対象事業の条件を満たせば、補助率1/3で限度額100万円/戸まで出る補助金。

こちらについても市役所の方に聞いてみたのですが、これについては事業者が登録をして行うことだから自分で調べてみてくださいとのこと。

いやいや・・・分からんから聞いてるんですが・・・

これまたなんとか資料からサイトを見つけたのですが・・・

国立研究開発法人建築研究所(https://www.kenken.go.jp/chouki_r/

事業者登録等が必要となってくるとのことで、もう少し勉強が必要ですね。

この場合、僕らではなくリフォーム業者さんがここでは申請窓口になるような形式になるんだろうか?

ごめんなさい、ここで燃え尽きました。

また分かり次第、続報を書きたいと思います。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる結論

建築基準法の瓦の留めつけ方法の変更は決まっているが、補助金等の整備に関してはまだできていないことが多く各自治体に確認する必要がある。

もう少し分かりやすく簡単に調べられるようにHP等を作っていただけると助かります。

仕組みももう少し分かりやすくして欲しいなぁー。

頑張って勉強してみますね。

屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。



(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry





高山市民時報(令和4年1月12日号)クイズの答え


check35.jpg"森からの挑戦状"シリーズ


高山の地方紙である、高山市民時報。

屋根の森では、こちらでいつも広告を出させてもらっています。

ありがたいことに、いろんな方から


「いつも楽しく見てるよ!」
「あの日の広告は笑ったわ~~」

というお声をいただいております。

屋根の森一同、本当に嬉しく思っています。
いつも、ありがとうございます。



さてさて、本日のクイズはこちら。

line_oa_chat_220111_124649.jpg

【ヒント】は

頑張れ 受験生!



以前クイズバージョンの広告を出したとき、
「答えは次号なの?気になって気になって...」
というお声をいただきまして。



なので、急いで答えを知りたい方へ
このブログ内で答えを発表することにしています。


ではではお待ちかね、クイズの答え!












line_oa_chat_220111_124709.jpg

ジャーン!!

受験シーズンに入りますね。

合格祈願に【だるま】!!

白い【だるま】には受験合格や目標達成の意味が込められているそうです。




ラバーロック工法ってなに?屋根工事店としてオススメはしません!


屋根、瓦屋根、屋根工事店


高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

今回はお客さんにこんな質問をいただいたのでブログ記事にしたいと思います。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいるラバーロック工法とは?

訪問販売業者の方々が屋根修理の見積もりに入れてくることがあるのがラバーロック工法という工事。
これは瓦同士をコーキング材・シーリング材で接着する工法のこと。



古い和瓦の屋根に対して提案されることが多い工事内容。
僕たち屋根工事業者は基本的に進めることのない工事ですが、訪問販売業者の営業マンはこんな風に提案してきます。

・瓦の隙間を塞ぐので雨漏りを防ぐ。

・台風などの風で瓦が飛ばないように瓦同士を接着。

・地震で棟瓦が崩れないように接着。

話を聞くと良さそうな提案なのでと契約してしまうことが多いようです。


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる屋根工事業としてオススメしない理由は雨漏りにつながる

僕らがラバーロック工法をオススメしないのは根本的な解決になっていないから。

瓦の隙間を塞ぐので雨漏りを防ぐとありますが、実際にはラバーロック工事後に数年経って雨漏りしてしまってる場合がよくあります。

コーキングは経年劣化でヒビが入ってくるので永遠ではないんです。

さらに瓦には適度な隙間があることで雨水の逃げ道を作っているんです。

その水の逃げ道を塞いでしまうことで、そこに水がプールのように溜まり雨漏りにつながってしまうんです。


瓦同士は重なりの下や裏側で雨水の逃げ道を作ってるんですねぇー。

さらに瓦同士の隙間からは湿った空気等も排出されるんです。

この隙間を塞いでしまうと湿気が逃げることができず瓦と野地の間に留まってしまい野地板の腐朽が進んでしまうことにつながります。

また瓦同士を接着しても釘が打たれていないため効果もあまり期待できません。

屋根工事店ならば、屋根点検をした上できちんと原因に対してアプローチする提案をします。

雨漏りならば、雨漏り箇所を特定して部分修理等で対応したり。

棟の耐震化ならば、棟を一度崩した上で災害に強いガイドライン工法で再施工を行うとかね。


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる悪徳訪問販売業者は法外な値段を提示してくる

僕たち屋根工事業者はまずラバーロックは提案しないことを知ってください。

ラバーロック工法を薦めてくる悪徳訪問販売業者は一般の方が分からないのを逆手にとって法外な値段を請求してきます。

ラバーロック工事に必要なのはハッキリ言ってコーキング材と、それを施工するためのコーキングガンと人件費だけ(足場代は別)。

そう考えたら金額もそんなに高くなるはずないんですよね。

それなのに100万円とか300万円とか・・・

よく請求できるなと思っちゃいます。

ということで、ラバーロック工法での工事は不要。

屋根工事業者がラバーロック工法をオススメすることも提案することもありません。

雨漏りや瓦のズレなど気になる部分の原因を見つけて適切な提案をしていきます。

ラバーロック工法って言われたら、他の屋根工事業者に相談することをオススメします。

飛騨高山方面の方は屋根の森にご相談ください!!



雨樋掃除・屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry





屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ