屋根上の落ち葉の放置に要注意!


屋根の修理 リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

台風の到来とともに一気に季節も秋めいて来ました。

寒い冬が来る前には飛騨高山の短い秋を存分に楽しみましょうね!

今日は本格的な冬になる前に少し気をつけて欲しいことがあるので

書いていきたいと思います。


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる屋根の落ち葉にご用心

これから秋の終わりに近づくと青々と繁った草木の葉っぱたちが落ち葉となっていきます。

山々の紅葉もとってもキレイな飛騨高山なので、紅く染まっていくのも美しいですよね。

しかし、この落ち葉にも注意が必要です。

屋根の上に溜まってしまった状態の落ち葉には注意が必要なんです。

屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


落ち葉が屋根の上に溜まったままで放置しておくと腐っていき

腐葉土のような状態になってしまうからです。

山では落ち葉たちが地面に積もり最初は虫などが食べて細かくなっていき

微生物が分解して腐葉土となり、木々の栄養となります。

その自然界の流れが屋根上で起きてしまうのです。

虫が苦手な方はご注意ください・・・

屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


瓦の上の落ち葉をどかしたら何かの幼虫が出て来てビックリです。

また、落ち葉などが積もると雨などの水分を長く溜め込んでしまうため、

湿気の多い状態になってしまいます。

そうなると細かくなった落ち葉の腐葉土が瓦の裏側にも入り込み、

使用されている木材にも悪い作用を引き起こしてしまいます。

結果的には桟木の腐食や野地の腐食に繋がってしまいます。


屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

桟木が腐ってしまうと瓦がズレてしまい、野地が腐ってしまうと雨漏りに繋がっていってしまいます。

風で落ち葉が屋根から飛ばされていってしまう場合は庭の掃除だけで済みますが、

屋根上に留まってしまっている場合は掃除の必要があります。

他にも軒先の樋に溜まってしまうと雨水が排水できず詰まってしまったり、

オーバーフローしてしまいます。

屋根の点検も兼ねて、落ち葉掃除や樋掃除のメンテナンスをしてあげてくださいね。

また下の写真のように庭の木が成長してしまって屋根にかかってるような状態の時は、

木のメンテナンスもしてあげてください。


屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


放置したままにしていると結果的に屋根などの修理で

大きな金額が必要になってしまうことがあります。

そうならないためにも、日頃からメンテナンスの意識を持っていただくと家も長持ちしますので。

屋根工事だけでなく、雨樋などの屋根周りの工事もできますのでご相談ください。

雨樋掃除・屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



古いセメント瓦から板金屋根への葺き替え工事の流れ【後編】


屋根の葺き替え 屋根リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

前回の前編に続いて今回は後編として屋根工事の流れについてご紹介していきたいと思います。

遂に新しい屋根材の施工に入っていきます!


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる防水のためのルーフィング施工

今回の葺き替え工事の様子は屋根の森YouTubeチャンネルでも配信しているので、

良かったらそちらも併せてご覧くださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=CCzRvWcDCFI

ということで、ルーフィング貼りからスタートします。




屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え

上下左右の重なりの深さだけでなく、雨が入りやすい壁際部分やケラバ部分は

シッカリとルーフィングを立ち上げることが大切です。

立ち上げ不足だと壁とルーフィングの間に雨水が侵入していってしまうこともあるから注意です。


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる板金屋根施工

遂にメインの板金施工が始まります。

まずは屋根上に板金を上げたら工事スタート。

軒先から上下を噛み合わせながら棟に向かって下から順に貼っていきます。


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


板金同士の上下を噛み合わせて、上部をビスで固定して留めつけていきます。


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


壁際部分との取り合い部分に水が行かないようにサイドに来る屋根材は立ち上げを加工しておくのも大切です。

壁際部分には最終的には中に隠れてしまうのですが、水切り板金も設置。

もし雨水が入ってもこの水切り板金が樋のように外に排水してるんですよ。

2022.09.22-5.jpg


袖部分も外側から板金で巻いて仕上げていきます。


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


葺き替え前には傷んでボロボロになってしまっていた破風板も

板金で巻いてカバーすることで劣化からも守れます。

とってもスッキリしてシャープな仕上がりになりますよね。


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


最後は雪止めや棟部も施工してこれにて葺き替え工事完了です!!!


屋根リフォーム 屋根修理 屋根工事 屋根葺き替え


屋根材の種類がそれぞれ違っても基本的な流れは同じ感じになります。

古い屋根材を撤去して下地の確認・補修を行った上で、新たな屋根材を施工していく。

葺き替え工事の場合は、基本的に屋根が経年劣化等で傷んでいるから葺き替える訳で・・・

下地も傷んでしまっているケースがほとんど。

表面だけでなく隠れる部分までシッカリと施工するのが屋根のプロとしてのプライド。

屋根のことは屋根のプロにお任せくださいませー。




屋根の点検・屋根診断・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



古いセメント瓦から板金屋根への葺き替え工事の流れ【前編】


屋根の葺き替え 屋根リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

今回は屋根工事の流れについてご紹介していきたいと思います。

屋根工事にもいろんな段階があり、注意点なんかもあるんです。

超大作になってしまいそうだったので、

今回は前編として板金屋根の施工前までお伝えしていきますね。


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる古いセメント瓦の撤去

今回の葺き替え工事の様子は屋根の森YouTubeチャンネルでも配信しているので、

良かったらそちらも併せてご覧くださいね。


https://www.youtube.com/watch?v=wfLb2i2iLRk


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


まずは現在屋根上に乗っている古いセメント瓦の撤去からスタート。

一枚一枚職人さんの手作業でセメント瓦をめくっていく作業になります。

屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム



セメント瓦を撤去しながら屋根面を見てみると・・・

あれ?防水シートがないのね・・・

となるとセメント瓦の隙間から雨水が入ってしまったら

直で屋根の下に侵入してしまい雨漏りになってしまいますよね。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

撤去作業をして屋根下地の木材を見ていると傷んでいる部分が多々ありました。

そこを部分的に補修していきます。

傷んでいる部分を切断して新しい木材に交換していきます。

屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム




袖部分は傷みもあったのですが、裏板の寸法がとても短かったため

耐久性を考慮して張り替えることに。

屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

ある程度の長さで強度を出すために隣の列の裏板も丸ノコでカットしていきます。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

カット後は新たな裏板をサイズ調整しながら垂木に固定していきます。



屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

その後は周囲の古い裏板をそのまま利用するのですが、

釘固定が甘かったり留めつけられていない部分があるので釘で固定していきます。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

メインの屋根面はこれで完了ですが、チェックしていくと他の木材部分も傷んでいました。

袖部分の破風板も腐ってしまっており交換することに。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


しい破風板を取り付けていくのですが、僕たち屋根やが使う中では一番太くて大きい木材かも知れませんね。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

軒先部分も水の影響で傷んで劣化してしまっていたので広小舞も新品に交換していきます。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

屋根の上だけかと思ったら下の垂木が腐っている部分もあり交換に。

屋根形状が複雑になっている部分で雨水が侵入しちゃってたんですね。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム


新しい板金屋根への工事の前にはやることがいっぱいあるんですね。

古い屋根の木下地の状態を確認して補修しておくことで、新たな屋根が長持ちするんです。

よーし、これで前編は終わりです。

屋根やさんは屋根材を施工するだけでなく木材の加工もできなきゃなんですよー。


屋根葺き替え 屋根工事 屋根修理 屋根リフォーム

屋根の点検・屋根診断・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ