台風対策のみしか考えない屋根屋には要注意!!


check35.jpg台風対策と雨漏り対策は別物。


台風対策というと、


「瓦が飛ばなければいい」

単純にそう考えて工事をする屋根屋さんがいます。



瓦が飛ばないようにするには簡単で、瓦をビス(釘)で固定すればいいんです。
ただ、ビスで瓦を止めるということは、下葺材に穴をあくことになります。
単純に考えて、穴があけば雨が漏りやすくなります。

ただ、ビス穴からの雨漏りであれば少量であり、気づきにくいのであまり問題になりません。


しかし!!
屋根の森では、雨漏りに対しての対策を万全にやります!!



なぜか?
雨漏りして困っている方をたくさん見てきたからです。



雨漏りは家財も痛め、たくさんの出費が必要になるばかりでなく、
その対応に追われるお客様は、心身共に疲れてしまいます。


雨漏りしないように。

つまるところ、お客さまを守るために。


20170915blog1.JPG


屋根の森では、下地を貫通しないビスを計算して選び、ビス周りにも防水加工を施します。
また、屋根の森の施工が原因の雨漏りについては永久に保証させていただきます。


屋根の森がみなさまにお届けできるのは、

"安心"

なんですよね。


今日も、工事が終わったお客さまよりお礼のお電話で、「これで安心して暮らせるわ、ありがとな」とのお言葉をいただきました。


これからも屋根の森一同、お客様の"安心"に寄り添った仕事をしてまいります。







高山市民時報(9月4日号)クイズの答え


check35.jpg"森からの挑戦状"シリーズ

高山の地方紙である、高山市民時報。
屋根の森では、こちらでいつも広告を出させてもらっています。


ありがたいことに、いろんな方から

「いつも楽しく見てるよ!」

「あの日の広告は笑ったわ~~」

というお声をいただきます。

屋根の森一同、本当に嬉しく思っています。
いつも、ありがとうございます。




さて、本日の広告はこちら。


20170904blog.jpg


以前も挑戦状バージョンの広告を出したとき、ある方に

「答えは次号にちゃんと載るの?気になって気になって...」

と言っていただいたことがありまして。




なので今回から、急いで答えを知りたい方へ
このブログ内で答えを発表することにしました!笑



ではではお待ちかね、本日の答え!












20170904answer.jpg


どうでしたか??


あんし(4)んし(4)て暮らせる
よ(4)い家は、屋根から!



「森瓦店」から「屋根の森」へ


check35.jpg創業65年余の伝統


私たちは創業65年、瓦一筋でやってきました。

瓦は長持ちで、実はコストパフォーマンスも素晴らしく、景観も文句なし!の
最高の屋根材だと自信を持っていたからです。


20170807blog.jpg


もちろん、今もですが。
ただ、時代の流れもあり、お客さんの求めるものも変わってきているのを実感しています。


お客さんは何を求めているかを考える前に。



check35.jpg私たちは何をお客さんに提供しているか?


まず、これを改めて考えてみることにしました。



そこから出た答えは...


20170807blog2.jpg


「安心」


昔から、これをご提供していたんだなと。



お客さんの困った!にはすぐに駆けつけ、
保証も完備し、お客さんの迷惑や不安に繋がらない努力をして参りました。


そしておかげさまで、
飛騨や高山地域では「瓦といったら森瓦店!」と言っていただいております。


では今、お客さんは何を屋根に求めているか?といえば
安心して住める、ということではないかなと思います。



check35.jpg安心して住める家であるためには?



私は、現代のライフスタイルにおいては瓦だけにこだわらず、
良いもの、かつお客様の要望に寄り添ったものの提案ができることが
「安心」に繋がると考えています。




「屋根のことなら、安心して屋根の森に任せられるな。」

という新しいブランドを確立させていきたいと思っています。


そのためにもこれからは、屋根材の良さやスペックにフォーカスするのではなく、
人に寄り添った経営をしていきます。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ