古いセメント瓦から板金屋根への葺き替え工事の流れ【後編】


屋根の葺き替え 屋根リフォーム

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

前回の前編に続いて今回は後編として屋根工事の流れについてご紹介していきたいと思います。

遂に新しい屋根材の施工に入っていきます!


岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる防水のためのルーフィング施工

今回の葺き替え工事の様子は屋根の森YouTubeチャンネルでも配信しているので、

良かったらそちらも併せてご覧くださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=CCzRvWcDCFI

ということで、ルーフィング貼りからスタートします。




上下左右の重なりの深さだけでなく、雨が入りやすい壁際部分やケラバ部分は

シッカリとルーフィングを立ち上げることが大切です。

立ち上げ不足だと壁とルーフィングの間に雨水が侵入していってしまうこともあるから注意です。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる板金屋根施工

遂にメインの板金施工が始まります。

まずは屋根上に板金を上げたら工事スタート。

軒先から上下を噛み合わせながら棟に向かって下から順に貼っていきます。