現地調査のお話のはずが・・・


check35.jpg屋根を軽くしたいんやけど、一度見に来てくれん?

~主人、大工さんと現調へゆく。の巻~


毎年の屋根点検を申し込まれている方からこんなご相談をいただき、現調へ。

実はコーヒー好きの主人、、移動時の車内でよくコーヒーを飲むのですが、
この日は大工さんの軽トラで現地へ向かっていました。


主人   「コーヒー買いたいんでコンビニ寄ってもらえます?」
大工さん 「そんなんいいさいいさ~(そんなコーヒーなんて買ってもらわなくていいよ)」


どうやら大工さん、主人がコーヒーをご馳走したくて仕方ないと思ったみたいです。笑
こういうわけで主人は行きの道中、コーヒーを我慢。。。

そして無事に現調も終わり、帰りの道中、もう一度、そうもう一度!主人はトライしました。

主人   「コーヒー買いたいんでコンビニ寄ってもらえます?」
大工さん「もうお昼やで、コーヒーいいさいいさ~」(ちなみにこの時、10時)

帰社してきた主人から、この一連の流れを聞き、失礼ながら大爆笑。
おつかれ、ということで美味しいコーヒーを差し入れ。
(ついでに自分にもな♥笑)

20161026blog.jpg



【ご紹介】高山市からこんな支援事業が発表されましたよ~!


check35.jpg東濃桧と飛騨の杉の家づくり支援事業

高山市産材と中津川市産材を使って新築または増改築された建築主に対して、主な構造材1㎡あたり2万円の補助が両市から受けられるそうです!
ただし、主な構造材全体の60%に高山市産材と中津川市産材を使用することが要件となっています。
(高山市産材のみの場合は、高山市単独の助成事業(匠の家づくり支援事業)の対象)


check35.jpg補助の詳細

補助対象者 : 高山市または中津川市に本店・支店・営業所を有する事業所を使って建築物を建築される建築主の方

補助場所 : 市内または市外(国内に限る)

補助金額 : 主な構造材への市産材使用料が1㎡あたり2万円(新築の場合は上限50万円、増改築の場合は上限20万円)

主な構造材 : 土台、柱、梁など

申込・問合先 : 高山市 林務課 0577-35-3143



「屋根なんて興味ないわ、ふん」って人に読んでほしいブログ。


高山では、昨晩から今朝方にかけて激しい雨が降りましたよね。
そして今日のお昼前、森瓦の電話がなりました。

「雨漏りしてるんだけど、今すぐ見に来てもらえない?」

早速お宅へ向かうと・・・

20160623taniita.JPG

谷部の銅板に穴が!!
あまりに大きな穴なので、職人あわててテープでふさいでしまいました!!
・・・写真を撮る前に(苦笑)

黒いテープが貼ってあるところに穴が開いていて、下地もだいぶ傷んでいました。
だいぶ前から穴が開いていて、雨が入っていたと思われます。

実はこの上にベランダがあって、なかなか工事しにくい場所に穴が開いていたため
これから急いで大掛かりな工事をしなければなりません。


ここで瓦屋の嫁が思ったこと。
ふつう、屋根のことなんて興味ないし、考えないですよね。

私も瓦屋に嫁にきて初めて、家にとって屋根って実は大事なんだ!ってことを知りました。
そうでなかったら、おそらく事が起きてから(今回のように雨漏りしてから、とか)、本当は気にしなければいけなかったんだ...となっていたと思います。

森瓦店には、「屋根点検」というサービスがあります。
これって意外と便利なんだ!と今更、今日こんなことがあって、瓦屋の嫁は思ったのであります!!

屋根のプロが年に一度、屋根の状態を見ていってくれる。総点検ですよ!
私の目にとまらなくても、屋根のプロが見たら「これはそろそろまずいことになる!こうした方がいいよ」と、おおごとになる前に教えてくれる。
そしたら、心も時間も余裕をもって対処できる。

現在、屋根点検を申し込まれている方は60名以上いらっしゃいます。
みなさん、ご自分の家を本っ当に大切にされていらっしゃるのだと思わずにはいられませんでした。



前の記事 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ