日本独自の単位『尺貫法(しゃっかんほう)』は意外と身近にある



2022-06-09blog tani.jpg


高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

僕らが働く建築現場ではcm、mmといった単位の他に日本独自の単位である尺貫法(しゃっかんほう)が使われることがあります。
特に年配の大工さんや職人さんと打合せをする際によく出てくるんですが、個人的にはピンとこなかったりします。

頭の中で猛烈に計算をしてメートル法に変換してます。

馴染みが薄くなってきた尺貫法ですが、意外と身近にあるんです。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる外国にも独自の単位がある

日本だけでなく、外国にもいろんな独自の単位があるんですが、これがまたイメージしにくいんですよね。

イギリスやアメリカで使われているヤード・ポンド法なんかも有名ですよね。

ゴルフをプレーする方ですと、馴染みがあるのはヤードとインチですかね。

2022-06-09blog1.jpg

1ヤードは91.44センチですから300ヤードは274.32メートルになります。

6インチルールってのもありますが、1インチ=2.54センチなのでボールを15.24センチ動かして良いという救済ルールですね。

他にもプロレス好きな方だったりすると体重の単位として使われるポンドも馴染みがあるかも知れませんね。

240パウンド〜〜、アントニオ猪木〜〜〜!!!

1ポンドは約0.454キロなので240ポンドは約109キロなんですね。

キロで言われるよりポンドで言われる方がとっても大きく感じて、やっぱプロレスラーって凄いって感じてました。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる日本独自の単位【尺貫法】

話が脱線してしまいましたが、日本独自の単位でしたね。

いろんな独自の単位がありますが、お酒を飲まれる方だと1升とか2合なんかは馴染みが深いですよね。

1合は約180ミリリットルで、1升は約1.8リットルです。

おっとっと、話を戻したはずが戻り切ってませんでした。

尺貫法の単位は建築の世界に実はたくさん残っています。

よく耳にされるのが坪(ツボ)という単位ではないでしょうか?

この土地って何坪くらいあるの?とか建坪は50坪ですとか。

1坪=約3.3㎡で計算することができますが、3.3㎡ってイメージが湧きませんよね?

そんな時は畳をイメージしてください。

2022-06-09blog wasitu2.jpg

畳にも実はいろんな寸法がありますが、それは少し置いておきましょう。

畳を使った単位で帖(じょう)という単位があります。

6帖の和室とか聞いたことあるかと思いますが、畳6枚分の広さの部屋のこと。

そして1坪というのは畳2枚分のスペースのこと。

つまり1坪=2帖。

畳の長手寸法は約1820mmですが、1間(けん)と呼ばれます。

これが間口(まぐち)はどれだけ?って聞かれたりする時の基準なんです。

家の間口は4間あるということは、7.28mということになります。

1坪は1間×1間=1.82×1.82=約3.3㎡となります。

僕たち屋根業界ではもう少し小さい単位の尺(しゃく)や寸(すん)が使われます。

1尺=約30.3センチですから軒の出が2尺と言われると約60.6センチ出ているということ。

他にも瓦の働き寸法が265mmは8寸7分5厘とか、1寸大きい=約3.03センチ大きいなど。

余談ですが、童謡で『アルプス1万尺』がありますが、約3030mの山々ってことです。

逆に『一寸法師』は約3.03センチの小さな方なんですね。

ということで、今日は日本独自の尺貫法について書いてみましたが、意外と身の回りにたくさんあるので気にしてみてくださいませ。


屋根の点検をご希望される方は、下記からお問い合わせください。


(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry




屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ