危ない業者の見分け方。



こんにちは。森です。

先週から岐阜の職人さんのも来ていただいての作業となっています。
職人不足と言われる時代にこうやって手伝いに来ていただけることは本当に感謝です。


でも、職人は適当に集めてくればいいのか?
本当に大丈夫って思いますか?


私なら、とにかく工期重視で職人集めてなんとかする工事業者であれば頼みたくありませんし、間違いなく雑な工事になります。

では、森瓦店ってどんな職人を連れてくるの?


弊社の利益がなくっても間違いなく、一流の工事業者に依頼します。
今回、岐阜から来ていただいている丸新美濃瓦 様もホームページを確認して頂ければ一目瞭然ですが一流の会社です。

では、なぜそこまでするのか?


それは、弊社を選んでくださったお客様は金額ではなく、弊社を信頼して頼んでくださっているお客様ばかりだからです。

瓦は長持ちして当たり前。
だからこそ手抜きは絶対にしてはいけませんし、一流の工事をしなければなりません。


そもそも一流って?
私の見解は・・・


技術が一流なのは当たり前で、あいさつや掃除など、お客様の気持ちになって行動できる職人が一流だと思っています。
これができない職人はどんなに腕がいいと自負しても、私の中では論外です。

あいさつ。これって人としての基本ですよね。
一流とは、全てにおいて安心や感動を与えるってことかなと思います。

今日はコレを念頭に置きながら頑張ります。