• HOME
  • ブログ
  • 瓦がズレてしまった意外な理由【大屋根からの落雪】

瓦がズレてしまった意外な理由【大屋根からの落雪】

  • 投稿日:2023年 1月12日
  • テーマ:


屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

まだまだ雪深き飛騨高山からこんにちは。

僕たち屋根工事業にとってはなかなか仕事ができない冬ですが、

屋根上の雪下ろしも承っていますので必要な場合はお気軽にご相談くださいませ。

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる大屋根からの落雪で下屋根の瓦がズレてしまった

瓦がズレていると一言で言っても現場ごとにいろんな理由があるんですよね。

今回のお家は下屋根の瓦がズレてしまっているとのことでした。

まずは現状をチェックしてみますと、瓦が数センチほどズレていました。

瓦の表面に跡がついているので、もともとはここのラインまで

瓦同士が重なっていたんですね。


屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪



瓦がズレてしまうのには理由が必ずあります。

原因究明をと周囲を見渡してみますと・・・

理由が見えてきました。

ズレている瓦の真上には大屋根の軒先部分がちょうどきてるんです。

大屋根の雪・氷がドーンと落ちた衝撃でズレたんですね。

屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪

岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる瓦を固定するための釘が打たれていなかった

現象としてはメカニズムが分かったのですが、真の理由は別にありました。

ズレた瓦の周囲をめくってみると・・・

釘で留めていないことが判明。



屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪

昔の施工では全数釘打ちではなかった時代もありますが、現在では全数釘打ち固定はマスト。

今回の瓦のズレも大屋根からの落雪・氷の落下で跳ねた拍子にズレてしまったんですね。

屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪


しかし、この瓦が釘できちんと固定されていれば瓦がズレることもありませんので、

釘打ち固定をして修理していきます。

ズレてしまっていることに気づかずに乗ってしまうとズルっと外れて落ちてしまうことに繋がってしまいます。

雪下ろし中に瓦がズレて落ちてしまったらと想像するとゾッとします。

冬前、春先に屋根点検をすることで屋根の不具合を早期発見して対処することが可能です。

屋根修理 屋根リフォーム 屋根瓦 瓦屋根 落雪


屋根は一番外側で家族の生活の場である住宅を守ってくれる大事な場所。

24時間365日サボることなく働き続けてくれている屋根のことを大切にしてあげて欲しいなって思います。



屋根の点検・雨漏り修理・雨樋掃除などをご希望される方は、下記からお問い合わせください。

(お問い合わせ内容に、ご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry


屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ