なぜ地震で瓦が崩れるの?それは釘で固定されていないからです!


burogu5.png

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

東日本大震災からすでに10年が経過し、時の流れの早さにビックリです。

阪神淡路大震災からは26年の月日が経過しているんですね。

大きな地震が来ないことを切に願っています。




なぜ地震で瓦が崩れるの?


地震の起きた後のテレビ中継等で瓦が屋根から崩れ落ちている映像が流れました。

コメンテーターの方がいろんなことを言ってましたが、果たして屋根のプロの言葉だったでしょうか?


・地震で瓦が落ちて危ない。

・瓦は地震に弱いから使わない方がいい。

・瓦なんて使ってるから家が崩れるんだ。


などなど、瓦が悪いというような表現をされていましたが、本当にそうなのか?

この誤った認識は、情報不足から起こってしまっているのだと思います。

瓦が落ちるのには理由があり、建築基準法の改訂との関係もあるんです。


まずは、瓦が落ちるメカニズムからいきます。

原因は『瓦の留めつけがされていないから』です。

古い瓦屋根は釘などで留めつけがされておらず、葺き土と呼ばれる土の上に瓦が乗っていただけなんです。


瓦屋根 屋根リフォーム 防災 屋根修理 地震


これは土葺き(どぶき)と呼ばれる施工方法です。

横から見ていただくとこんな風になっていました。


瓦屋根 屋根リフォーム 防災 屋根修理 地震

写真のように、葺き土の接着力だけで屋根についている状態。

経年劣化で土も痩せてきてしまい、接着力は落ちてきます。

古い瓦屋根の上を歩くと瓦がズレてしまうこともあるくらい。

だから、地震などで大きな揺れがくると釘などで留まっていないのでズレたり、落ちたりします。



先人達の知恵と想い


釘などで留まってなければ瓦が落ちちゃって危ないよねと思われるかも知れませんが、実はここに先人達の知恵と想いが込められていたんです。


地震が来た際に瓦を屋根から落とすことによって、家自体が崩れてしまわないようにという知恵だったんです。

瓦よりも家の方が大事なので、家財を守るため、人を守るために瓦を屋根から落とすということ。


瓦がこの工法で屋根から落ちるのは、ある意味正解だったんです。



建築基準法の改定


しかし、阪神・淡路大震災以降に建築基準法が改定され、建物と瓦の考え方が変わってきました。

簡単に言うと、瓦が落ちては危ないので落とさないように施工することと。

具体的には瓦を留めつけるために、釘を打って施工をすることになったのです。


瓦屋根 屋根リフォーム 防災 屋根修理 地震


この地震に強い施工方法では、横桟木と呼ばれる木に、瓦の裏部分にあるツメを引っ掛けて釘で留めつける『引掛け桟瓦葺き工法』となっています。

以前の住宅金融公庫の仕様基準では4枚に対して1本の釘打ちでしたが、現在は瓦一枚に対して釘を一本打つ『全数釘打ち』工法になっており、瓦が落ちることがありません。



瓦屋根 屋根リフォーム 防災 屋根修理 地震



防災瓦


さらに現在の瓦には釘での留めつけだけでなく、瓦自体にツメのような防災機能がついており、斜め上の瓦と噛み合わせる防災機能がついています。

釘+防災機能により2点で瓦を抑えつけており、捲れ上がったりズレたりすることもありません。

burogu2.jpg

burogu3.png

今の瓦は強固に留めつけられているため、瓦の交換が大変なくらいです。


もしお住まいの瓦屋根が土葺き工法の場合には、屋根修理などのタイミングでっ防災瓦を使った今の施工法でリフォームしてみるのもオススメです。
土葺き工法から現在の施工法にするだけで屋根の重さを約半分に軽量化することもできるので、災害に対してもオススメです。



瓦屋根も施工方法とともに進化しているんですね。



屋根のリフォームや点検をご希望される方は、下記よりお問い合わせください。

(お問い合わせ内容にご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry







金属屋根と瓦屋根のメリット・デメリット教えます


irasuto.jpg

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。

今回は、お客様からの質問で多い、金属屋根と瓦屋根のメリット・デメリットについてお伝えしますね。

屋根材を検討する時に、事前にある程度情報を把握していた方がいいですもんね。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる板金屋根

まずは、高山市・飛騨市の多くの住宅にも採用されている金属屋根からいきましょう。

金属屋根は昔から現在まで長く使われている屋根材の一つです。

昔は『トタン』と呼ばれる金属板の長い物が多く使われていましたが、現在では錆びにくい『ガルバリウム鋼板』という金属屋根が主流へと変化してきました。



bankinyane.jpg




●金属屋根のメリット

・軽い

屋根材となる金属が薄くできているため、屋根全体がとても軽くなります。

・継ぎ目や隙間が少ない

屋根材一枚一枚が大きいため、継ぎ目が少なくなり雨水が入り込む隙間も少なくなるので防水性が高まります。

・どんな屋根形状にも対応できる

金属屋根材は現場に合わせて形を加工することも可能。

時には大きい板の状態で現場に持って行き、現場で使用する形に加工することもあります。

屋根形状に合わせ易い屋根材です。

・スタイリッシュ

モダンな外観の建物にも採用されるようにオシャレな屋根材です。

直線的なデザインがスタイリッシュですよね。



●金属屋根のデメリット

・屋根材が薄い

金属屋根は薄いため、音や強い雨が当たった時の音が家の中に伝わりやすくなります。

また熱も伝わりやすいため、夏の暑さを感じやすくなることがあります。

小屋裏の断熱対策をしっかりと取ることをオススメします。


・錆びやキズなどの外的要因に弱い

金属屋根は塗装や皮膜で覆っていますが、一度錆びてしまうと錆びが広がっていってしまいます。

錆びを抑えるためにも、再塗装が必要になります。

金属屋根は薄いため、何かが当たってしまったりすると凹んでしまいます。

ガルバリウム鋼板になり錆びにくくはなっていますが、錆びない訳ではないのでご注意を。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる瓦屋根

瓦屋根は約1400年前から日本に伝わり、普及した屋根材です。

古い街並みに多く見られる和瓦や、平板瓦という洋風な住宅に合う瓦など種類がたくさんあります。

kawarayane.jpg

●瓦屋根のメリット


・耐久性が高い

瓦は1100度以上の高温で焼いて作っているため、雨水などによる劣化が起きにくく耐久性が高い屋根材です。

1400年前の瓦が今も現役で屋根に使われている建物もあるくらいです。


・断熱効果が高い

瓦は粘土でできており、素材自体の断熱効果も高いです。

なおかつ瓦と野地板の間に空気層があることで、さらに断熱効果がアップします。


・トータルコストがお値打ち

定期的なメンテナンスは必要ですが、瓦の耐久性の高さが長期的に見た時の費用は抑えられます。

●瓦屋根のデメリット


・屋根重量が重い

素材自体の厚みもあり、金属屋根に比べるとかなり重い屋根になります。

冬には屋根の上に雪も積もるため、柱や壁の補強も考慮する必要があります。


・定期的なメンテナンスが必要

瓦自体の耐久性は高いのですが、漆喰(シックイ)や谷部分の板金などの耐久性に注意して定期的なメンテナンスが必要です。





岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいるまとめ


屋根材には様々な種類があり、メリット・デメリットがあります。

新築時・リフォーム時にはお客様の家や考え方にあった屋根材を提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

『屋根のソムリエ』である屋根のプロとしての提案をさせていただきます。




屋根の点検をご希望される方は、下記よりお問い合わせください。

(お問い合わせ内容にご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry





この夏試したい瓦焼きBBQ


kawarayaki top1.jpg

高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。
梅雨明けが待ち遠しいですが、真夏日もあったりで夏はもう目の前!
いろんなことを我慢している今日この頃ですが、この夏は少人数でのBBQをやりたいなと思っています。



岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいるこの夏試したい瓦焼きBBQ



この夏試したい、そしてオススメしたいのは瓦を使ったBBQ。
鉄板や網の代わりに瓦を使ってみては?
以前、瓦の三大産地の一つである兵庫県の淡路島で食べた瓦焼きが絶品だったんです。
七輪の上にいぶし瓦をセットし、淡路産のイノブタを焼いて食べるのが本当に美味しかったんです!

20210716BBQ1.jpg
画像引用元 https://www.awaji-taiken.com/ippan/ippan_06


「かわらや」という名前のお店ですが、今では観光客にも大人気なんですよ。
ですが屋根の森には瓦がたくさんあるので、今年は瓦焼きBBQをしちゃいます!




岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる瓦焼きにオススメの瓦



瓦にも種類があり、瓦だったら何でもOKという訳ではありません。
平板瓦だとサイズが大き過ぎるので、和形・和瓦が一番良いです。

独特の波型形状とサイズがちょうどいいんです。


和瓦の中にも「いぶし瓦」と「釉薬瓦」の2種類があります。
釉薬瓦は表面にガラス質の釉薬層があり表面に色がついていてテカテカしている瓦。
いぶし瓦は昔ながらの割っても中まででネズミ色の瓦。
瓦焼きBBQにオススメなのは「いぶし瓦」の方です。


いぶし瓦はガラス質の部分がなく、表面に細かな隙間があり、ここが余分な脂を吸ってくれてヘルシーになるんですよ♪

そして、締めにオススメなのが焼き飯!
ご飯を瓦にまんべんなく広げることで、蒸れて瓦が吸った脂がしみ出てきて隠し味のようになってくれるんです。

20210716BBQ2.jpg
画像引用元 https://www.awaji-taiken.com/ippan/ippan_06


ブログ書いてるだけで、あの味を思い出してお腹空いてきちゃいます!

これはやるしかない!




岐阜 雨漏りに強い 雨漏り診断士がいる一つ注意点があります


通常、いぶし瓦は瓦メーカーから出荷される前に撥水加工がされています。
この撥水加工は3ヶ月〜半年ほどで効果は切れると言われていますが、表面に撥水剤という薬剤が付着しているということ。


ですから、撥水処理がされていない状態の瓦を使うことが健康のためにも大切です。
もともと屋根に使うために作られる瓦ですから、鉄板代わりに使用されるなんて想定外。


ということで、瓦メーカーさんに相談したところ、屋根の森で瓦焼きに使える「未加工品のいぶし瓦」が取り扱えるようになりました!
早く夏が来て瓦焼きBBQをするのが楽しみで仕方ありません。
この夏、瓦焼きBBQブームが来るかも!


瓦焼き用のいぶし瓦がほしい!という方は、下記からお問い合わせください。



https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry





屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ