瓦の歴史教えます




高山市・飛騨市にお住まいの皆さん、雨漏りに強い『屋根の森』です。


今回は、日本の街並みを語る上で欠かせない屋根材である『瓦』の歴史についてご紹介いたします。
できるだけ分かりやすく書きたいと思いますので、お付き合いくださいませ。


瓦は日本発祥ではなく、中国から渡ってきたと言われています。
日本に伝わってきたのは西暦588年以降で、学生時代に聞き覚えのある『日本書紀』によると「百済国が仏舎利や僧などとともに、寺工2名、露盤博士1名、瓦博士4名、画工1名をおくってきた」という記述があるそうです。
その後に建造された法興寺(飛鳥寺)に瓦が初めて使われたそうです。


ちなみに奈良県にある元興寺というお寺には、約1400年前の瓦が今も現役で屋根に使われています。


20210408-blog.jpg

1400年前の歴史ある建材を今現在も見ることができるって、感動で胸が熱くなります。
以前、改修工事の際に足場から見学できる機会があったのですが、大興奮で写真撮りまくりました。

話は戻りまして、瓦が最初に使われた建物はお寺などの社寺仏閣でした。
瓦は高級品でもあり、当時の権力者たちにしか使えない屋根材だったんですね。
その後鎌倉時代に入ってから、社寺仏閣以外にも瓦が使われるようになってきました。
京都の商人たちが質物を入れる土倉に使ったり、酒造商人たちが使ったそうです。
まだこの頃は豪商たちしか瓦は使えず、瓦屋根は富の象徴だったんですね。


一般の民家に使われるようになったのは、江戸時代後期になってから。
人口が爆発的に増えた江戸の町では、たびたび大きな火事が発生してしまったそうです。
当時の民家の屋根は板葺きで燃え広がりやすかったため、大岡越前こと「大岡忠相」が延焼防止のため、瓦を江戸の町に使用することを推奨したんです。
そして全国の町へと瓦が普及していき、瓦屋根が日本の景観となるほどに広がっていったんですね。

瓦は中国から日本に伝来してきた屋根材で、富の象徴として使用される高級品でした。
江戸の大火以降、火事による延焼防止のために民家にも使われるようになり全国的に普及していったもの。
そして現代では、瓦も形や色を変えて新しい景観を生み出すような進化も遂げています。
また、瓦の進化についてもお伝えしていこうと思いますが、今日はここまで。

次回をお楽しみに!


屋根の点検をご希望される方は、下記よりお問い合わせください。

(お問い合わせ内容にご希望の日程の候補日をいくつかご記入いただきますとスムーズです)

https://www.morikawara-yane.com/ffex/index.php?form=inquiry



屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 火災保険 屋根の森 飛騨・高山 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ