【増税前②】税率8%でリフォームするには「3月までに相談」がオススメ!



201710blog3.jpg


前回、税率8%で修理をするには...という記事を書かせていただきましたが、
今回は緊急性を要する修理ではなく、計画性のある屋根のリフォームについて。

リフォームとなると、増税分2%は大きいですよね...

たとえば...
「家を建ててからしばらく経ったし、増税前に新しい屋根材で屋根を葺き替えようか」
「屋根の塗装も錆びてきたし、増税前に塗り替えしようか」

といったリフォームの場合、
工事期間が長くかかるということもあり、
特別ルールが適応になる場合があります。

その特別ルールとは...!




契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、
お引渡しが2019年10月以降になっても税率8%が適用されます。

3月31日...あと、2か月弱ですね。




税率が5%から8%になるときも、建設業界でも大きな駆け込み需要がありました。
その結果、材料不足、職人不足により工期が想定より遅れる...ということが起こり、
ヒヤヒヤされた方もいらっしゃいました。



2019年3月後半などは多くのお問合せが発生することが予想されます。
税率8%のうちに納得してリフォームを行うためにも、ぜひぜひ、お早めにご相談ください!


屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ