瓦屋なのにFPの資格とっちゃいました。


check35.jpg瓦屋なのに、ファイナンシャル・プランナーの資格をとった嫁。

20161028blog.jpg

このたび瓦屋の嫁は無事、ファイナンシャル・プランナー(FP)の試験に合格しました!!
今回勉強させてもらった内容は幅広くて、お客様へ大いに還元できそうです。
(家計の方でも活用できそうでラッキーw)

実は試験の数日前、去年屋根工事をさせて頂いたお客様から電話があり、まさに勉強していたことを聞かれ、即効理解でき、素早い対応ができたのです。
(これはキテる...合格への兆しだ...!なんて自分に都合の良い方に考えていました。笑)

このFPの資格は金融系にお勤めの方が割と受験するらしいのですが、経営の視点&妻の視点からFPを勉強した瓦屋の嫁のアドバイスはなかなか面白い、かも?



現地調査のお話のはずが・・・


check35.jpg屋根を軽くしたいんやけど、一度見に来てくれん?

~主人、大工さんと現調へゆく。の巻~


毎年の屋根点検を申し込まれている方からこんなご相談をいただき、現調へ。

実はコーヒー好きの主人、、移動時の車内でよくコーヒーを飲むのですが、
この日は大工さんの軽トラで現地へ向かっていました。


主人   「コーヒー買いたいんでコンビニ寄ってもらえます?」
大工さん 「そんなんいいさいいさ~(そんなコーヒーなんて買ってもらわなくていいよ)」


どうやら大工さん、主人がコーヒーをご馳走したくて仕方ないと思ったみたいです。笑
こういうわけで主人は行きの道中、コーヒーを我慢。。。

そして無事に現調も終わり、帰りの道中、もう一度、そうもう一度!主人はトライしました。

主人   「コーヒー買いたいんでコンビニ寄ってもらえます?」
大工さん「もうお昼やで、コーヒーいいさいいさ~」(ちなみにこの時、10時)

帰社してきた主人から、この一連の流れを聞き、失礼ながら大爆笑。
おつかれ、ということで美味しいコーヒーを差し入れ。
(ついでに自分にもな♥笑)

20161026blog.jpg



【ご紹介】高山市からこんな支援事業が発表されましたよ~!


check35.jpg東濃桧と飛騨の杉の家づくり支援事業

高山市産材と中津川市産材を使って新築または増改築された建築主に対して、主な構造材1㎡あたり2万円の補助が両市から受けられるそうです!
ただし、主な構造材全体の60%に高山市産材と中津川市産材を使用することが要件となっています。
(高山市産材のみの場合は、高山市単独の助成事業(匠の家づくり支援事業)の対象)


check35.jpg補助の詳細

補助対象者 : 高山市または中津川市に本店・支店・営業所を有する事業所を使って建築物を建築される建築主の方

補助場所 : 市内または市外(国内に限る)

補助金額 : 主な構造材への市産材使用料が1㎡あたり2万円(新築の場合は上限50万円、増改築の場合は上限20万円)

主な構造材 : 土台、柱、梁など

申込・問合先 : 高山市 林務課 0577-35-3143



前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ