知ってました?屋根から雨漏りは古い。

  • 投稿日:2016年 5月26日
  • テーマ:

こんにちは

雨漏りの悩みをゼロにしたい屋根の森です。

check35.jpg知ってました?屋根から雨漏りは古いんです

雨漏りといえば屋根からというのは過去の話なんです。
何故かと言えば、建材の
品質が高まった今では、
屋根面からの雨漏りは減
り、むしろ棟、谷、外壁との取り合いなど、形状が複雑な箇所で多く発生しています。
ではこのような箇所からの雨漏りを防ぐにはどうすればいいのか?
答えは簡単で重要なのは
、下葺き材の納まりです。

check35.jpg下葺き材の施工の要とは?

葺き材の施工において、守るべき原則となるのは重ね幅です

瓦の場合だと、マニュアルにも必ず注意事項として書いてありますし、どのような施工要領書にも
防水の対策として、下葺き材の重ね幅が明記されているんですよ。

重ね幅としては、棟部と谷部での重ね幅は、棟頂部や谷底から両側に250mm以上としています。
ただ、弊社では最低300mmは重ねるようにしています。

そして、保証機構が基準で想定してしいる材料は、JISに適合するアスフアルトルーフイング940(22kg品)と
その同
等品ですが、雪国ではまったく防止の役割を果たしません。
ですから、弊社では最高級のゴムアスファルトルーフィングを使用しています。

このように、地域ごとに防水の差があります。
雪国の防水工事は本当に素晴らしいので、雪が降らない地域でも雨漏りを心配したくない場合はオススメです(*^^*)




吹きあげって雨漏りに繋がるって知ってました?

  • 投稿日:2016年 5月24日
  • テーマ:

こんにちわ
雨漏りで困る人をゼロにしたい屋根の森です。

check35.jpg三階建ては吹きあげに注意

軒天井と外壁の納まり部分からの雨漏りは、3階建
て住宅の定番と呼べるほど多いです。
原因は、3階建て
になると吹き上げ(風で雨水が舞い上がる現象)が予想以上に激しく、
軒天井と外
壁を突き付けただけの納まりでは、雨漏りを防止できないことです

防止するには、軒天井と外壁の間に先
張りの防水シートを張って、
外壁の防水シートと連続
させる方法がオススメです。
イメージ的には防水シートで家を覆ってしまう感じです。

「そこまでしなくても雨漏リしない
だろう」と思っている方、
ホントに予想できない所から雨漏りしますので、対策は重要ですよ。

check35.jpg換気の穴も注意が必要

また、屋根裏換気のために軒天井に取リ付ける通気口も雨の浸入箇所になることがあります。
特に、不燃ボードに穴を
あけた通気口は、ポードの面積拶広いため吹き上げた雨が入りやすいんです。
この対策としては、樹脂製や金属製の幅の狭い通口を
を軒の先の方に取リ付けることが防止策になります。

木造3階建て以上は、構造的に問題がなくても、雨漏り対策が十分にしないといけないと覚えておきましょう。



雨漏りは原始時代から?

  • 投稿日:2016年 5月23日
  • テーマ:

こんにちわ

雨漏りで悩む人をゼロにしたい屋根の森です。

check35.jpg雨漏りに昔から悩まされていた

雨漏りは、人類が住宅を建てた時からの問題で科学技術·防水技術が発達した現在においてもなくなっていないんです。
昔からの知恵で雨漏りを防ぐには、水密性などを保つ防水機能のほか、雨仕舞いという方法がありました。

雨仕舞とは木造建築で言うと、軒やけらばの出を十分に確保して、外壁部分になるべく雨が掛からないように工夫したりすることです。
しかし、現在の木造住宅の中には、デザイ
ンや斜線制限などの要求から、軒やけらばの出や庇がほとんどないものが多くあります。
これでは、十分な防水対策を施
していない限り、雨漏りのリスクが高くなります。

又、そのような軒の短い建物には雨
水浸入や防露対策は、関係するメーカーの仕様書などに記載されていますが、
推進される構法や材料を採用した場合、
費用の負担が大きくなり、予算の関係上その構法をとらない会社も出てきているのが現状です
また、守っても地域性により、メーカーの仕様書通りでも雨漏りが発生している情報を聞きます。

雨漏りが発生した場合、施工業者は
信頼性が著しく失隊するだけでなく、補修費用が膨大
となり得ますので、
普通の業社であれば万全を期しますが、
技術力がない場合はどうしても雨漏りを起こしていまします。

check35.jpg一番困るのはお客様という事実

ここで重要なのは、雨漏りした場合、一番困るのはお客様自身です。
雨漏りした場合、家財の移動や処理などに追われ疲れてしまいます。
こうならないためにも、ぜひ信用できる業社にお問い合わせ下さいね。
もう建ててしまって心配な方はぜひ弊社へご相談下さい(*^^*)



前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ