「屋根の森」はどんな価値をお客さまに与えられるのか



check35.jpg雨漏りSOSのお電話

実のところ、今回の記事はブログでは書くつもりはなかったのですが、
主人が「それ、文章化した方がいいよ」と言うので書いてみますね。

先日のこと。
一本の電話が鳴りました。

かわらっぱ.jpg


「いま雨漏りしてるんだけど、屋根に雪がある限りはなんともならんよな?(修理できんよな?)」

とのこと。

飛騨地域ではよくある「すが漏れ(凍み上がり)」という現象です。
(※雨がだだ漏れしているわけではないです)
(※すが漏れについて詳しく知りたい方は、本記事の最下部をご覧ください)


お客さんのおっしゃる通り、屋根に雪がある状態では修理ができません。
雪解け後の春を待たねばなりません。


屋根のことをよく知っている主人の考えはこう。
「今行ってどうにかなるなら、いくらでも行くけど、どうにもならんのに行っても仕方ない。」

(※ちなみにすが漏れは、雨のだだ漏れではないのでしばらくすると止まります)


それもそうだけど、でも、屋根に関してほぼ素人の私からしたら、こう思う。

とにかく来てもらいたい。
心配で眠れん。
実情を見てもらって、安心したい。

先ほどのお客さんも、納得はしてくれているけれど、それでもやっぱり不安そう。


ここで「センスは知識からはじまる」という本、登場w
ちょうどこのタイミングで読んでいた本。

20170308blog.jpg

以下抜粋------------------------------------------------------------------------

すべての仕事において"知らない"は不利。

コンビニで働く人は、「便利さ」という価値を顧客に与える仕事に就いているのですから、
便利とはどういうことかを知っていなければなりません。

便利さとは、どのくらいの価値があることなのか。
どういうことをするとその価値がキープできるのか。
そうした知識がなければ、マニュアルどおりに動くしかなくなります。

すべての仕事は価値を創造していくことで対価を得ています。

--------------------------------------------------------------------------------


私が思ったこと。

「屋根の森」は、どんな価値をお客さんに与えられるのか?

......それは、衣食住のうち、住の「安心・安全」だよね。
いま電話をくれたお客さんを安心してもらうには、どうしたらいい?

効率はよくないけど、今行っても意味ないかもだけど、お客さんの家に行くべきじゃないか?

その旨、主人に伝えたら「おまえいいこと言うじゃん、確かにな」と、すんなり現地に向かっていきましたw


それはともかく。
「安心・安全」を提供という視点から考えると、いろんなサービスのアイデアが浮かんでくるものですね。
当たり前っちゃ当たり前なんだけどw


追記:
デザインセンスを磨きたくて購入した「センスは知識からはじまる」。
センスないとあきらめていましたが、知識から始まるなら今からでもいけるかも?!
という動機で手に取ったのですが、

上記以外にも思わぬ収穫があって大満足な本でした。




~~~すが漏れとは?(以下、(財)日本金属屋根協会HPより抜粋)~~~

寒い地方の建物で、冬になると室内の暖気や昼間の太陽熱のため屋根上の雪が融けて水となり、軒先に向かって流れます。
このとき軒先が外壁より突出していて、屋根面が外気温によって冷えていると、融けた水は軒先で凍ります。
その結果、つららや氷提ができます。

この氷提のため、あとから流れてきた水はプール状となり、屋根面の少しの欠陥部分からでも室内に侵入します。
この現象を「すがもれ」といいます。

もちろん、屋根面の防水性が完全であれば、すがもれが発生しても水漏れは起こりません。
(瓦は何十年ももちますが、下地の防水シートには寿命があります)






屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ