小豆島のオリーブで感じた事

  • 投稿日:2016年 4月29日
  • テーマ:

【小豆島のオリーブ】


check35.jpg今ではオリーブの島と言われる小豆島。

でも、10年前は、オリーブはどこ?ってくらい少なかったそうです。(なぜ激減したかは割愛。)
そして、6万人の人口で立ち上がったのは市長を含めたったの4人。
その4人がいたからこそ、今の小豆島のオリーブブランドが確立されている。

スゴく勇気を貰った。正しいと思った事をプライドをかなぐり捨てて実行する。そしたら、街だって4人でも変えていける。

たしかに、その苦労も沢山聞いた。ほんと言葉では言い尽くせない苦労があった。

でも、笑顔で話すその姿に感動した。
ほんと来てよかった小豆島。

最後まで読んで下さった皆さんに、小豆島の中塚さんの言葉を。

check35.jpg誰でも最初は素人だ。成功した未来を描いて行動しよう。

**************************

僕は最初、建築の出身で栽培の素人だった。だからこそ、チャレンジできた。多分、知識が先行していたら諦めていた。

僕は知ってる事は隠さず今の100%を相手に教える。すると、僕は相手に負けないように今の120%になろうと努力出来るんです。

**************************

13072078_1080976351976145_1197269238_o.jpg



春先に点検をオススメする理由とは。

  • 投稿日:2016年 4月27日
  • テーマ:

こんにちわ。
雨漏り対策なら日本一の自信がある屋根の森です。
check35.jpg春に点検をしよう。
春になったら、屋根を見上げて頂きたいなと思います。 なぜ?って思ったあなた。
 屋根セイバーズの神谷さんもこのように、分かりやすく解説して頂いています。 
*********************************
点検をオススメする理由として、 
雪の重みで瓦が引っ張られてしまい、
瓦がズレてしまうことが考えられるからです。
さらには、雪を落とさないようにと
設置してある雪止瓦に負荷がかかって、
ズレてしまうこともあります。
これは一点で集中して重みを支えるため、
下にズレようとする力がかかるせいなんです。
また桟瓦部分もズレてしまうことがあります。
雪は冷えて凍ると、
瓦の表面とくっついてしまい
下に引っ張ろうとする力が作用します。
そうすると、瓦がズレてしまうことがあります。
さらに 雪によってズレる可能性があるのは、
雪止瓦や桟瓦だけではありません。
棟瓦も雪が凍って引っ張ってしまい、
ズレてしまうことがあります。
すぐに雨漏りにはつながりませんが、
瓦屋根にとっては良い状態ではありません。
普段あまり気に掛けることが少ない瓦屋根ですが、
僕は春先の雪がなくなった頃に
一度チェックすることをオススメします。
何故ならよくあるのケースなのですが、
冬に受けたダメージをそのまま放っておいてしまって、
梅雨時になって雨漏りしてしまうんです。


**************************************
梅雨時は、雨漏りの相談も多いため、
すぐに対応できないことが多いので、
ぜひ早めの点検をオススメしています。
心当たりのある方はお気軽にお問い合わせくださいね。


小豆島で感じた、瓦のある街並み

  • 投稿日:2016年 4月26日
  • テーマ:

今日は小豆島へ行ってきました。 この景色ご覧ください。 image.jpeg a02f5ce328c382c86988d82e38138f3cc974e617.jpeg 正直な感想は綺麗だなって思いました。 この景色を見て頂ければ、日本景色の素晴らしさが伝わると思います。 ぜひ皆さんも一度は小豆島に訪れてみて下さいね。 醤油やオリーブが有名ですよ♪ あと、このオリーブにも本当に熱い物語があるんです!!! 作り手の想いに感動しました。何かを変えるってほんと大変だけど、そこに素人とかプロという壁はない。 やるか、やらないかがあるだけと、作り手の体験談を聞きながらほんとそう思いました。 ぜひ、この想いを感じに小豆島へ(*^^*) 最後に、やっぱり瓦の風景に戻りますが こんな景観をつくれる仕事に関わらせて頂き、本当に幸せです(*^^*) 付録(笑) もちろん、小豆島のスポットも回らせて頂きました。 f81a3b21e782e89958884ddd5dbdd8c62ae1960d.jpeg

1  2  3
屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 屋根の森が飛騨・高山の皆様に選ばれる理由 無料屋根診断 無料雨漏り診断
アクセスマップ